自己処理してもなんだか汚い脇の悩み

処理しても処理しても黒く見える脇にすごく悩んでいます。
こんなこと今までなかったです。
最初これに気づいたときは、処理が甘かったかなと思ったのです。
その日は仕方なく、七分袖の服を着て過ごしました。

しかし二度目も同じように脇を隅々まで自己処理したのに、全体的に黒く見えました。
これに今、本当に困っています。

原因はなんでも肌のケアを怠ったせいだそうです。
ムダ毛の処理後に冷やしたり、保湿をしたりと言うケアをしないといけないみたいなんです。
でも私はそれをやっていませんでした。

でも普通はそんな手間のかかることやらない人の方が多いと思うのです。
まさかこんなに脇が薄ら黒い状態になるとは考えていませんでした。

脱毛のことも考えていますが、お金の蓄えがあまりありません。
どうしようかなとすごく悩みます。

このまま黒ずんだ脇を持て余しているのは嫌です。
どうにかしてこの脇を治したいと思っています。
なんとか元のキレイな脇を取り戻したいです。

女性として気をつけたい身だしなみ

女性としては、意中の人にもそうでない人にも、外に出て誰かに見られる限り、最低限の身だしなみは整えておきたいですよね。
デートの前は尚更です。
なんと言っても大事なのは清潔感です。
男女共に清潔感は大事ですが、男性は女性に、より清潔さを求めます。
出かける前に、鏡でチェックしてみてください。

服にシワやしみはありませんか?
いくらトレンドを把握していても、高い洋服でも、シワやしみがあると汚らしく見えてしまいます。

唇や髪、お肌は潤っていますか?
高い化粧品を使わなくてもこまめにリップクリームやハンドクリームを塗るように心掛けると、乾燥する時期でもがさがさにならずに過ごす事ができます。
ハンドクリームはかさ張ってしまいますので、日ごろこまめに塗ってケアをしておき、リップは常に鞄に入っているようにしましょう。
またカラーリングした根元がひどく伸びてしまったり、枝毛がたくさん出来てしまったりした髪の毛は印象が良くないです。

整理整頓はできていますか?
見えないと思って気を抜いていても、ふとした時に見えた鞄の中が汚かったら幻滅されてしまいますので、気をつけましょう。

少し身だしなみに気をつかうだけで、女性らしさはぐんと上がります。
お出かけの際は今一度、確認してみてください。

女子大生の身だしなみについて

女性の身だしなみとして、「シワのない服」と「きれいな靴」は譲れないんだけど、大学を歩いているとその信条が揺らぐのを感じる。
キャンパスを歩く女子大生は、みんな可愛い格好をしている。
お化粧もうまいし、高そうなバッグを持っている人が多い。

しかし、そういうおしゃれな子でも、服はシワだらけということがわりとある。
おそらく、アイロンをかける習慣があまりないのだ。
でも、服がシワだらけだとどうしてもだらしなく見える。
カラーコンタクトを入れたり髪を巻いたりする暇があるんだったら、しわ取りスプレーくらい使ってほしい。

そして、靴の手入れをしていない女の子も結構いる。
一番目立つのが、就活中でリクルートスーツ姿の女子大生だ。
髪やメイクはきっちりしているので、靴の汚れが一層印象に残る。
靴をチェックする面接官も多いと思うので、就活生はぜひ靴の手入れにも気を使ってほしい。

私も女子大生の一人だが、他の女子大生と身だしなみに関してこだわるポイントが違うんだなあと思う。
でも、シワのない服ときれいな靴って、男性にとってもポイント高いと思うんだよね。

良い印象は、みだしなみから。

女性としてのみだしなみとは、外見を重点的に整えるものだと考えます。

その中で、腕や足の毛を処理するのは最低限のことだと思います。
もしも綺麗な女性が、ムダ毛の処理をしていないと、とても残念に思ってしまうからです。
ですが、これは外国人には通用しない場合もありますね。

海外でも共通していえると思うのは、綺麗な言葉使いをすることだと思います。
難しい言葉を使わなくても、丁寧な言葉使いだと、その人の印象が良くなると思うからです。

子供は、親が話している言葉を真似すると聞きますが、
その中によくない言葉が使われていると、子供にとって良い影響ではないと考えるからです。

また、みだしなみをよくしようと意識する女性は、働く方に多いと思います。

化粧をするのは時間がかかる、といって怠る事は、いけないと思います。
ビジネスをする上で、薄めでもいいから化粧をする事は欠かせないものです。
顔の色が健康的に見えることと、女性らしさが強調されます。
そうすることで、印象がとても良くなるからです。

みだしなみは、自分を良く見せようと心がける事が大切だと思います。

お化粧は成人女性のマナーです

化粧が上手な人とそうでな人、お洒落が好きな人と苦手な人人によって様々だと思います。
それでも女性として最低限の身だしなみというのはあるのだと私は、学生時代にバイト先で社員さんに教わりました。

 例えアルバイトであっても、接客業に従事する以上は成人女性でスッピンはNGなのです。
私はそれまであまり化粧とか身だしなみとか拘ったことがなくて手先は器用なほうではないし面倒だって思って避けていた分野だったんです。
高校生の時にもファーストフードで接客のアルバイトをしていますが、注意されたことがなくてその認識のまま大学に入っても別のお店でアルバイトをしていました。

 だけどそれではいけないとガツンとやられてしまったのです。
女性の社員さんで20代後半くらいで、その人はきちんとお化粧をしていたので確かにそうだなと思った記憶があります。
何故ならどこかで線引きしないといけなくて、それなら学生と社会人と線引きするより年齢で線引きした方が平等だからです。

 高校を出て就職したら10代でも社会人となりますし、大学院に通っている人は30歳近くまで学生だったりします。
だから成人女性と線引きした学生時代の私の上司は正しかったのだと今はそう思っています。
いつまでも若いわけでもないから、ずっとすっぴんでという訳にはいかないのですからね。

両手足は剃刀で処理しています

両手足は剃刀で処理しています。
毛は確実に太く濃くなっているような気がします。
クリームのような泡をつけていっきに脱毛できたらいいなと思います。

一度クリーム状のもので昔試したことがありますが、毛を溶かす感じで根元の毛根部分は残り、いまいちだったように思います。
脇は毛抜きで抜いています。毛抜きで抜くと2か月くらいははえてこないので楽ちんです。
サロンでムダ毛処理をしてもらった経験がないので一度してもらいたいなと思います。
脱毛初回100円とか破格なので行ってみたいと思います。

でもムダ毛処理くらいお風呂でさっさとしてしまいます。
年を取ると夏場で水着になるときくらいです、ムダ毛を気にするのは。
でもムダ毛のない白いツルツル肌には憧れます。

最近のムダ毛処理用の剃刀は性能が良くて驚きです。
昔は肌を傷めましたが今はほとんど傷めることはないですよね。
値段もお手頃のものが多いし。私はこれで十分です。
もっと良いアイテムが出たらぜひ試してみたいです。